廃棄物処理部門

川棚工場- kawatana factory -

下水処理場やし尿処理場から運ばれてくる汚泥・汚水を焼却処理します。また焼却時に発生する灰を再度溶融し、建設資材の原料としてリサイクルしています。

こんな製品が
生まれています。

汚泥・汚水
(水処理の過程で出る廃棄物)

溶融スラグ

建設資材の原料

焼却灰を再度1,400℃以上で処理したもので、リサイクル砕石として公共工事などで利用されています。

セメントの
原料へ

土木建築用のコンクリートを作るための材料として使用されています。

このような工程で
つくられています。

主要設備

多段式焼却炉

処理能力 100.8トン/日(4.2トン/時)
取扱品目 汚泥、廃油、動植物性残さ、動物のふん尿、13号廃棄物

流動床式焼却炉

処理能力 240トン/日(10トン/時)
取扱品目 汚泥、廃油、動植物性残さ、廃酸、廃アルカリ、動物系固形不要物、13号廃棄物、
動物のふん尿

旋回式灰溶融炉

処理能力 15t/日(625㎏/時)
取扱品目 焼却灰

新焼却施設紹介

当社メイン焼却炉となる流動床式焼却炉の2号炉です。
これまでの焼却物に加え、鶏糞などの動物のふん尿にも対応しています。
また、廃熱エネルギーも無駄なく利用するために発電機も設置し、これまで以上に環境に配慮した焼却炉になっています。

肥料製造部門

西彼工場- Seihi factory -

「蒸製骨粉製造ライン」「多段式汚泥焼却炉」という2つのラインがある西彼工場では、蒸製骨紛(肥料)の製造と汚水処理を行っています。

 

こんな製品が
生まれています。

スープエキス粕

蒸製骨粉

肥料の原料

農業や家庭菜園で使用されている高リン酸有機肥料です。

このような工程で
つくられています。

主要設備

乾燥炉

処理能力 60トン/日
取扱品目 動物性残渣(エキス粕)